FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿

だっどなぎ's blog

汚い言葉でグチグチ書いてるだけのどーしょーもないBlog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
最初の百合ブーム(?)の大正時代のそれっぽい本を借りた。
全体的に文章が時代かかってて、読みづらかったり翻訳plz(例・記事タイトルの文章)な部分があるし、あと少女小説だから、その対局の存在の俺にはどこが良いのかさっぱりで……つまらなくて投げた。


吉屋信子
わすれなぐさ
挿絵が少し前の洋ゲ並みのバタ臭さで脳内変換できないくらいヤバい。
中等部3人に百合のようなやり取りが若干あるけど、多分違うと思う。それよりもこの時代の息苦しさに驚いた。

花物語上
百物語みたいな感じに、各語り部(少女)が出会った少女と花にまつわるエピソードを語るもの。若干ファンタジーっぽい感じ?。
頑張ったけど最初の7人で力尽きた…。

あの道この道
最早ページを開く気すら起こらなかった……。


ほぼ1冊でギブアップしたけど、最後に川端康成『乙女の港』だけは借りておこうかなと思ってる。
スポンサーサイト
2011.08.29.Mon 01:39 | 百合 | trackback(-) | comment(0)






<< 2011.08 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ENTRIES
CATEGORY

ARCHIVES

全記事表示

全タイトルを表示

LINKS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。